「Android」端末で「Hello World」1

Androidアプリを作りたい。
まずはお約束の「Hello World」を出力するまでのメモのその1。
エミュレータで「Hello World」を出力するまで起動するまで。

事前準備として次のものを用意した。
  • 開発機:Windows 10
  • スマホ:Android 6.0.1 (Fujitsu Arrows M03)
1.「Android Studio」をセットアップ

AndoridのIDEを「Android Studio」をセットアップする。
developer.android.comからインストーラ(.exe形式)のファイルをダウンロードし、インストールを実行した。
「Android Studio」にはOpenJDKが同梱されているのでOracleJDKを別にインストール必要はないようだ。
「次へ」を連打してインストール終了。

developer.android.com
android studioのダウンロードページ
2.「Andorid Studioプロジェクト」を作成する

インストール直後に起動される「Android Studioへようこそ」画面で「新規Android Studioプロジェクトの開始」を選択。

「Android Studioへようこそ」画面

「Android プロジェクトの作成」画面で、適当な「アプリケーション名」「会社ドメイン」「プロジェクトのロケーション」を設定する。

  • アプリケーション名は、アプリケーションパッケージ名として使われるようだ。
  • 会社ドメインは、ルートパッケージ名として使われるようだ。
  • プロジェクトのロケーションは、ソースを配置する任意のディレクトリをセットする。
「Android プロジェクトの作成」画面

「ターゲット Android デバイス」画面で、「スマホおよびタブレット」にチェック、「API23: Android 6.0(Marshmallow)」を選択する。

「ターゲット Android デバイス」画面

「次へ」を押下するとプロジェクトが作成された。

プロジェクト作成後の画面
3.プロジェクト作成後の画面でエラーが出力された。

プロジェクトの作成後、Gradleが実行されるようだが、イベントログに下記のエラーが出力された。

このプロジェクトが使用するJDKのパスの設定が正しくないようだ。メニューの「プロジェクト」>「SDKローケーション」>「JDKロケーション」で「埋め込みJDKを使用する」にチェックを入れると同期(ビルド)が正常に行われた。

「プロジェクトの構造」画面

4.エミュレータ(AVD:Android Virtual Device)で実行する

作成された直後のプロジェクト(未だコードを加えていない)をとりあえず実行するために「Android Studio」に付属するエミュレーターを使用する。

エミュレータを管理するツール「AVDマネージャー」は、ツールバーの「AVDマネージャー」ボタンをクリックすると起動する。

ツールバー
「AVDマネージャー」ボタン

「仮想デバイス」画面で「仮想デバイスの作成」ボタンを押下。

「仮想デバイス」画面

「ハードウェアの選択」画面では、一昔前のデバイスをということで「Nexus 6」を選択した。

「ハードウェアの選択」画面

「システム・イメージ」画面では、プロジェクト作成で指定したAPIレベルと同じ「Marshmallow(APIレベル:23,Android 6.0)」を選択した。

「システム・イメージ」画面

「Android仮想デバイス(AVD)」画面では、デフォルトの設定をそのまま使用する。「完了」を押下すると設定したデバイスのエミュレータが登録され使用できるようになる。

「Android仮想デバイス(AVD)」画面

「ツールバー」の「実行」ボタンを押下するとアプリケーションのデプロイ先を選択できる「デプロイ対象の選択」画面が起動する。
作成した仮想デバイスを選択するとアプリケーションがデプロイされ起動した。

「実行」ボタン
「デプロイ対象の選択」画面

仮想デバイスで次のようにアプリケーション起動した。

仮想デバイス

うん?なにもコード書いていないのに「Hello World」と表示されている?(笑)もう少し手を加えよう。

「その2」続きます。

UbuntuでUnity3D

UbuntuでUnity3Dの開発環境を作ってみました

事前準備

今回は、Androidデバイスをターゲットにした開発を想定してセットアップします。
AndoridSKD等のセットアップを、事前に行っておきます。

セットアップするもの

  • Java
  • gradle
  • Android SDK
  • Android Studio

まずは、Java及びビルドツールのgradleをセットアップします。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install openjdk-8-java
$ sudo apt install gradle

次に、AndroidStudioをセットアップします。

$ unzip android-studio-ide-xxxxx.zip
$ sudo mv ./android-studio /opt
$ /opt/android-studio/bin/studio.sh

AndroidStudioのインストールは、解凍して任意の場所に配置するだけ完了です。
AndroidSKDはAndroidStudioの実行時に行われます。

Unity3Dのセットアップ

Linux版のUnity3Dは下記のコミュニティスレッドに最新の情報が入りますので、チェックします。
Unity3D(Linux版)コミュニティスレッド

スレッドをたどると(Build #20180504)が最新のようですので、ダウンロードページよりインストラーを取得し
記事の通りにセットアップを進めます。


$sudo chown -R $USER:$USER Unity-2018.1.0f2
$chmod +x Unity-2018.1.0f2
$./Unity-2018.1.0f2

インストーラーに沿って幾つか選択をすると、インストール完了です

Unity3Dの起動を行うと、ユーザの登録とライセンスの選択を促されるので
適切な内容を入力します。

ライセンス


personalを選択した場合、ライセンスは3種類より選択となります
無料で使うには、2番め、または3番めのライセンスとなります。
2番目は前年度の売上が100,000ドル以下の会社が対象
3番めはホビーユースとして利用する場合が対象
といったライセンスとなります。
一番上のものは、前年売上が100,000ドル以上の会社が対象となり、PlusまたはProで利用する事になります。
広告等を入れて、配布を行う場合は1番目、または2番目のライセンスを選択する必要があるようです。

アンケート


ライセンスを選択後にアンケートがありますので、入力します。
国籍、会社についての情報、Unityで何を作るのか等の入力をします。

起動


$ [インストールディレクトリ]/Unity-2018.1.0f2/Editor/Unity

正常にインストールが完了していれば、Editorが起動されます。

スクリプトエディタ

このままでも開発はできるのですが、スクリプトのデフォルトエディタがMonoEditorとなっています。

MonoEditorでのスクリプトデバッグでBread等、上手く動作しない部分がありましたので、VSCodeに変更します

VSCodeのインストール

VSCode公式にDebianパッケージが用意されていますので
ダウンロード後にインストールします。
Debianパッケージになっていると簡単で良いすね。

インストール後に、幾つかのプラグインをインストールします。

C#
Debugger for Unity
MonoBehaviour Snippets
あたりをインストールしました。

VSCodeプラグイン

インストールしただけではUnityEditorと連携できません。AssetStoreにプラグインが用意されていますので、検索しImportします。

Import後にスクリプトを選択してみると、VSCodeが表示され当該コードが表示されています(^^)

これで開発する準備ができました。

SpringBootでNeo4jを組み込む

アプリケーションにDBを組み込めると、テスト時やアプリケーションの構成を単純にしたいときにうれしいです。

SpringBootアプリケーションでSQLなDBを使用する場合、DBにH2を選べば特に設定しなくても組み込みで使用できます。便利ですね。同様にNeo4jを組み込みで使用ようとした時に少々手間取ったので、その方法をメモとしてここに残します。

■ 基本的なコード

プロジェクトのひな型は「SPRING INITIALIZR」で簡単に作成できます。また、「SpringData Neo4j」の「クイックスタートページ」に分かりやすいサンプルコードがあります。ただし、Neo4jサーバに接続するコードになっています。次のコードの「uri」の部分です。

■ 組み込みで使用する場合の「uri」について

「SpringData Neo4j」の「リファレンスマニュアルの組み込みドライバ設定方法」をみると、この「uri」の部分を下記のように「file」にすると良いようです。

※1 Windows環境の場合、URI(Path)の表記が「file:///ドライブ名:/」という形になります。「file://c:/tmp」というような、「/」が一つ足りない記述をすると下記のような例外が発生します。 気をつけてください。(→自分)

※2 「uri」を省略するとJVMのシャットダウン時に削除される一時ファイルを利用した使い捨てデータストアとして使用できます。

■ 依存ライブラリの追加

「SPRING INITIALIZR」で生成したプロジェクトは、組み込みで使用する想定をしていません。依存ライブラリが足りずに下記のような例外が発生します。

次のような依存を一行だけ追記するとNeo4j本体とドライバーライブラリが組み込まれます。(gradleの場合)

※SpringBoot、Neo4j本体、ドライバなどのバージョンの組み合わせは、「バージョンテーブル」を参照してください。正しい組み合わせでない場合、動作しないことがありました。

■ まとめ

SpringBootアプリケーションで組み込みでNeo4jを使いたい場合、次の設定をします。

  1. Configurationの「uri」に「file://」を設定。もしくは、uriを設定しない。
  2. 依存ライブラリにNeo4j本体と組み込みドライバーライブラリを追加する。

以上です。

SpringでNeo4jを利用する際の注意点

spring-bootからNeo4jを利用する場合、spring-data-neo4j(neo4j-ogm)と言ったライブラリでアクセスする事になります。
その際、バグと思われる現象に遭遇しましたので、忘れないように記しておきます。

概要

ValueObjectの配列またはリストをフィールドにもつEntityを作成します。
Neo4jにValueObjectをNodeとして登録させたくない為、フィールドをコンバータで文字列シリアライズしSaveを行いました。
Saveは正常に行われ、Neo4jへのストアされた内容も想定通りのものでしたが、このエンティティをLoadすると、コンバータの処理で型キャストエラーが発生しLoadに失敗します。

詳細

  • LoadできるEntity
    下記のEntityはSave、Loadが行えます

 

  • LoadできないEntity
    下記のEntityはSaveできるが、Load時にエラーが発生する

ValueObjectのListフィールドを追加する。フィールドをコンバーターにより文字列(Json)に変換する

このエンティティをSave後にLoadを実行すると、下記のような例外が発生し失敗します。スタックトレースから、キャストエラーが確認できます。

ここで発生している例外がListからStringへの変換例外だった為、なぜ発生するのか原因がわかりませんでした。Load時に行う処理は文字列(JSON)からValueObjectへの変換のはずです。なぜListを文字列にCastしようとしているのか、、、

原因

スタックトレースを追っていくと、GraphEntityMapperクラスに問題がありそうです。
当該箇所を確認してみます。

配列、Listの場合の分岐があります。どうやら、デシリアライズ先のフィールドがList(配列)の場合のみここで型の変換を行っています。

Neo4jのNodeは、プロパティに数値、文字列、真偽値またはそれらの配列を持つ事ができます。そのため為のロジックだと思いますが、コンバータの有無を確認せずに型変換を行っています。Writerの中でCallされるコンバータは文字列を期待ていますがListが渡される為、文字列にキャストを行おうとし例外となりました。

対応

色々試行錯誤した結果、当該部分を削除する対応を取りました。
テストして見る限り、動作に変わりは無いようなのですが、

まとめ

spring-data-neo4jでList(配列)フィールドにコンバーターを設定する場合は、本現象が発生します。
また、本現象ですが、キャッシュオブジェクトが利用されると再現しませんのでご注意ください。凄くハマりました(–;

「Spring Boot」で「Hello world」

みんな大好きSpringBootを使って「Hello world」。

■1.開発ツールのダウンロード

下記のページからSpring謹製のIDE「Spring Tool Suite」(以下STS)をダウンロードしました。

https://spring.io/tools/sts/all

落としたファイルは、7zipなどのイケている解凍ツールで解凍してください。
パスが深いファイルは、うまく解凍できないツールがあるようなのです。

■2.開発ツールの起動

解凍先の「sts-bundle/sts-x.x.xRELEASE/STS.exe」を実行して、開発ツールを起動します。
sts-dir

こんなツールが起動します。はい、Eclipseです。
sts

■3.「Gradle」プラグインを追加インストール。

みなさん(誰?w)がmavenから移行しているのにならって、私も「Gradle」をインストールしてみました。(Gradle。良い解説書を探してます。)

ゾウさんが好きです。Buildshipを使うことにします。
メニューを以下のように選択してインストールしました。
「Help」->「Eclipse Marketplace」->Findに「Gradle」を入力し検索->「Buildship Integration 1.0」
インストール後、STSを再起動するとプラグインが有効化されます。
sts-marketplace0sts-marketplace1

■4.「SpringBoot」プロジェクト生成ウィザード

STSには超簡単に「SpringBoot」のプロジェクトを作成するツールが用意されています。超便利です。あちょー。

①次のメニューから起動します。

「File」->「New」->「Spring Starter Project」
sts-new-project-0

②STEP1 プロジェクトの基本構成

「Type:」が「maven」になっていたら、「Gradle(Buidship)」に変更してください。他はそのままで大丈夫だと思います。「Next」を押下します。(各項目の意味はいつか探求しますん)
sts-new-project-1

②STEP2 使用するモジュールの選択

ブラウザで「Hello world!」したいので、Web->Vaadinを選択します。

Vaadinは「Java-based Web Framework」(だそう)です。
「javaさえ知っていれば、Html5とかJSを知らなくてもでリッチUIブラウザアプリが作れますよー」という素晴らしいフレームワーク(らしいっす)。Wicketとかと同じ路線ですかね…(いや、むしろWeb版Swing?)
SPA(JS)+REST勢が優位なわが社においてなぜ今・・・。(ФωФ)フフフ・・・。
sts-new-project-2

③STEP3 完了

最後のステップは、何もせずそのまま「Finish」を押下します。
sts-new-project-3

■5.「Hello world!」コードを記述

生成されたプロジェクトを開き、「src/main/java」の「com.example」パッケージに下記のクラスを追加しました。むぅ。Javaですねー。

■6.実行

上記のクラスができたら、実行してみます。
「com.example.DemoApplication.java」を選択し、
コンテキストメニュー(右クリックメニュー)の「Run As」->「Spring Boot App」を選択すると実行できました。(埋め込みTomcatが起動します)
sts-hello-run

■7.ブラウザでアクセス

ブラウザで次のURLにアクセスしてください。
「http://localhost:8080/index.html」
ボタンを押下すると「Hello Workd!」と表示されれば成功です。
sts-run-b

■8.まとめ

「STS+SpringBoot」を使ってコードをほとんど書かず「Hello world!」できましたー。